デリバリーヘルスとはなにかのご説明|デリヘル栃木【デリとち】小山

0285-37-8555

デリヘル業界の歴史

全国的に日本のデリヘル(デリバリーヘルス)業のおこりは、諸説ありますが古くは古墳時代以前にまで遡ります。

日本には、従軍慰安婦問題という外交テーマがありますが、実は日本の売春人身売買は、万葉の時代まで遡り、古くから権力と結びつきを持ってました。

日本のセックス産業は、神道と深く関わっており、古代の人身売買、すなわち奴隷制と強い関係があります。

このページでは1900年代中期、戦後から現代のデリヘル業について書いていきたいと思います。

第二次世界大戦後、敗戦により金、物資ともに乏しかった日本では生きるために止む無く、若しくは金銭を楽に得るためにからだを売る女性が急増した。

通称「パンパンガール」である。1940年後半、敗戦から徐々に復興を果たした日本は1955年から1973にかけて高度経済成長期を迎える。

投資の興隆による需要と供給のスパイラルは風俗業も例外ではなかった。「トルコ風呂」という言葉を聞いたことはないだろうか。

トルコ風呂は日本発祥の個室付特殊浴場である。

現在では「ソープランド」と名称が変わっているが、これは本国トルコより自分達の国名が性風俗に結び付けられている事に対する憤慨によるもの。

1970年から2000年にかけて、性風俗業界は多種多様化する。キャバレーから派生した「ピンクサロン」。

京都が発祥といわれる「ノーパン喫茶」。西川口流という言葉を産んだ「ファッションヘルス」。そして、「デリバリーヘルス」である。

一般的なデリヘルのように待合室を設けず、電話、若しくはメールによる受付を行いラブホテル、ビジネスホテル、自宅等に女性を派遣するシステムである。

その手軽さから近年盛り上がりを見せる「デリバリーヘルス」。まだ体験されていない方、ご利用法を理解し「デリヘル」の世界に足を踏み入れてはいかがでしょうか?

デリとちは小山だけでなく全国のお客様にご利用されやすく愛される為に営業しておりますのでお待ちしております。

デリバリーヘルスの歴史

デリバリーヘルス」が誕生したのは、1990年代だと言われています。

1999年に改正風営法が施行されて以降、首都圏を中心に急速に増加しており、2000年代に入ると首都圏以外の地方でも増加しつつある。

風適法により認められた営業時間が店舗型とは異なり、深夜24時(条例により25時)以降の営業も認められている(だからこそ、小山は24時間営業ができる)。

また、店舗ではなく電話受付を行う事務所のみを設置するため内装や従業員等の経費を抑えることができ、店舗型に比べ低予算で営業できる。

女性は自由出勤としていることも多く、出勤日や勤務時間のやりくりがしやすいことから、主婦や社会人、大学生が昼夜にアルバイト感覚で出勤していることも多い。

女性スタッフの中にはホテルでの仕事のため、一般のヘルスのような簡易な間仕切の室内よりも仕事がやりやすく、店舗への出勤ではないので抵抗が少ないという者もいる。

広島県で2006年にデリヘルの事務所を設置し、かつ常時客室を提供していたビジネスホテルが管理売春で摘発された。

なお摘発されたホテルは県条例で風俗の営業が禁止されていた地域にあったことも摘発された理由であるが、デリヘルに協力して摘発された初の宿泊施設であったという。

埼玉県警生活環境1課は2007年5月13日、職業安定法違反(有害業務就業の勧誘)の疑いで経営者を逮捕した。

同課によれば、2004年11月経営者が女性に性的サービスの業務や報酬を説明したことがこれにあたるとしている。

ただし風俗が女性や男性スタッフを募集すること自体は違法ではない。

デリバリーヘルスの由来

「デリバリーヘルス」は無店舗型の「ファッションヘルス」の俗称である。

では「ファッションヘルス」とは。「ファッションヘルス」はシャワーと個室を設置しており、客は女の子とシャワーを浴びた後、キスやペッティングからのフェラチオ、素股で射精へと導かれる。

基本的に本番行為(挿入)は行われないが、西川口流と呼ばれる本番行為を売りにした店舗もあった。

本番行為を伴わず、ソープランドよりも安く、女の子もアルバイト感覚で気軽に働くことができることから人気を集め、1970年代末より増加し始めた。

浴室が未設置のため当初は風営法の届出対象外であったが、1985年の風営法改正により性風俗店と定義され届出の対象となった。

2000年代にはいり店舗をもたず、電話による受付のみを事務所で行い女性を派遣するタイプのヘルスが首都圏を中心に増加した。「デリバリーヘルス」の登場である。

「デリバリーヘルス(delivery health)」という名称は、1998年公布の改正風適法で当該業種が届出対象にされた際に、風俗情報誌「MAN-ZOKU」(マンゾク)を発行している株式会社クリエイターズカンパニーコネクションが発案した和製英語である。

同年、株式会社クリエイターズカンパニーコネクションの関連会社である株式会社シーズホールディングコーポレーションが商標出願登録している(商標登録証4522848号)。

デリバリーヘルスの誕生の話

デリバリーヘルスが誕生したわけをご説明いたします。

デリヘルが誕生した背景には、日本の成長期が大きく関係しています。

日本が成長期であった頃、性欲の処理が簡単にできるファッションヘルスへの需要が高まりました。

男と言うのは暇ができると手当たり次第に女性を口説きにかかります。 暇がなくなると風俗が必要になってくるのです。

デリヘルの前身のファッションヘルスは、浴室が未設置のため当初は風営法の届出対象外でありました。

そのことが大きくその普及に貢献しているでしょう。ファッションヘルスが風俗店でないという状況がずっと続いたならば、パチンコがギャンブル店でないのと同じように、今でも街中で繁盛しているかもしれません。

しかし、パチンコ業界のように結束して力を持つわけでもなかったファッションヘルス業界は、15年後の1985年の風営法改正により性風俗店であるとの定義をされ、届出の対象となってしまいます。

これによりファッションヘルスは大打撃を受け、その後は無店舗型のデリバリーヘルスが主流となって、従来の店舗型のファッションヘルスは減少傾向にあります。

歴史的流れから言うと、現在ではファッションヘルスは基本的には廃れている分野ですが、それでも手軽さを求める男の人がいる限り、なくなりはしないと思います。

ファッションヘルスのようなソープランドとイメージクラブの中間点は絶対に必要だと感じています。

何せ今の日本人は多忙です。残業に追われて、気軽に抜ける道具がサラリーマンには必要なのです。

安値でさっくり抜けるデリバリーヘルスは、日本の性犯罪率の低下にも大きく貢献しています。

デリバリーヘルスが生まれた訳

デリバリーヘルスが生まれたわけをご説明いたします。

デリヘルが産声をあげたのはここ20年ほど、1970年代に生まれたファッションヘルスに比べ歴史は浅いです。ではなぜデリヘルは誕生したのか

それには風営法の強化が大きく関係しています。

ファッションヘルスが増え始めた頃の1970年代は、浴室がないことから何の届出をしないでも営業することができたのですが、1985年の風俗営業の改正によって届出が義務付けられるようになります。

その後も風営法は罰則が強化され、どんどん規制が厳しくなっていきます。それに伴って各自治体の法律である条例も強化され、出店すら難しい状況に立たされていきます。

出店はヘルスだけでなくソープも厳しく制限されており、新たな建物を建てて営業を開始することはできません。

デリバリーヘルスの今

昔のデリバリーヘルス含む風俗業界のイメージというと借金返済の為に働いたり、闇金に回された女の子などそんなイメージを持っている方が多いかと思います。

ドラマや映画でもそういった設定が多いです。しかし実際のデリバリーヘルスで働いている女の子は普通の大学生やOLをしながら掛け持ちで働いている子、子育てを頑張るママさんであったりいたって普通の女の子が働いている業界です。

この不景気な時代という事もあり、稼げる仕事を探している子も多く、最近の子は稼いだお金を貯金に回す子が増えてきています。

デリバリーヘルスのメリットとして「お金」はもちろんですが高収入なお金の面に加えて、女の子が働きやすい環境作りにもすごく気を遣ってくれている業界です。

シフトが自分で決められる為、昼間の仕事や学校とも掛け持ちできるようになっているので、仕事や学校が休みの日に働き、小遣い稼ぎをする事もできます。

また子育てしながら働くママさんの為に、お店によっては託児所付きのデリヘルがあったりもします。

店舗によっては寮完備されている所もあるので住居に困っている方も寮に住みながら働く事もできます。

なかなか今の時代、ここまで融通が利き働きやすい職場は小山を含めなかなかありません。

ご利用関連

ご来店お待ちしております

小山市からデリヘルのお届けが可能です。
心からお待ちしております。

お電話でのお問い合わせはこちら
0285-37-8555

12:00~02:00受付 年中無休